特殊支配同族会社の役員報酬損金不算入規定まとめ - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 特殊支配同族会社の役員報酬損金不算入規定まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特殊支配同族会社の役員報酬損金不算入規定まとめ

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編>

条文や政令が発表されても、
疑問点多数のこの規定についても、
徐々に取り扱いが明らかになりつつあります。

というか、税理士が考えそうな
抜け道を一つ一つ潰していっているような
気もしますけどね

当初予定していた「対応策」の中には
既に封じ込められたものもありますので
ここで簡単にまとめてみることにします。

なお、あくまでも、私の頭の整理用のメモです。


1,基準所得金額の意義

基準所得金額とは、基準期間内における
(「調整所得金額」の総額
-「調整欠損金額」の総額
-「基準期間開始前に生じた欠損金額等
過年度欠損金額の調整控除額)」の総額)
÷事業年度数

過年度欠損金額の調整控除額とは、基準所得の計算を行う場合、
本業から生じたものに相当する繰越欠損金の控除OK

業務主宰役員給与から生じた欠損金額部分だけ控除NG


(税務通信№2916)

<ひとりごとメモ>

なんで赤字なのにわざわざ役員報酬を
支払うのか?無駄に所得税を支払って
制度融資の道もつぶしてしまうだろうに。
うちならありえないな。
2,第三者へのオーナー所有株の譲渡

株式異動の目的が単なる規制逃れと認定持株要件OUT

株主移動に合理的な目的があると判断持株要件クリア

(税務通信№2919)

<ひとりごとメモ>
ただし、合理的な目的が何かは未だ不明。
「業務提携のため」「従業員の士気高揚のため」
と言ったときに果たして、どんな事実認定によって
単なる規制逃れと認定するのか疑問。
顧問税理士が株主になる理由は・・・


3,常務に従事する役員の範囲

会計参与・監査役この時点で常勤役員にならない

使用人兼務役員実態判断が必要だが通常常勤役員にならない


(税務通信№2925)

相談役・顧問継続的に経営に携わっていれば、常務に従事する役員に該当も

(税務通信№2927)

4,純然たる従業員持株会は持株要件クリア可能

従業員の経営参加意識等の向上を目的
+実態も伴った従業員持株会オーナーの株式に加算せず


オーナーに白紙委任
したとみなされる株主オーナーの株式に加算


(税務通信№2929)

<ひとりごとメモ>
外部株主が白紙委任したとみなされないために
議案に全部反対したら・・・
いくらなんでも甘いか

5,親族間での給与の付け替え

オーナーの役員報酬に規制がかかるのであれば
オーナー分を下げて、親族分を上げてしまえ

合理的な理由がなく調整否認の可能性大

単純な業務主宰役員の減額OK
オーナー役員給与の配当への切り替えOK



(税務通信№2930)

<ひとりごとメモ>
配当に切り替えるヤツはいないだろう。メリット全然ないし。
来年度から適用の会社で今年度のうちから
こっそり調整しておくと・・・
あとは、過大役員報酬に注意。

<まとめメモ>
よく見ると、すべて「合理的な理由があるかないか」
というこれまたわかりにくい基準しか示されていない。

それに、どうも「こざかしいことをすると行為計算
否認規定を発動しちゃうぞ」という警告ばかり
で、現実に伝家の宝刀を抜くかは疑問あり。

全件、こんな判断を加えていては当局も
相当大変でしょうね。

ただ、どんなに悪法で納得が
出来ないからといっても、
「それをクリアするための方策が
会社全体の利益になるかどうか」

先ず先に考えることを
忘れてはいけません。

場合によっては、泣く泣く
税金を支払うという選択肢を
捨ててはいけなそうです。

さて、皆さんはどのようにお考えでしょうか。


最新の人気blogランキングへ


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

まさに法人格否認税制ですね。
矛盾だらけだからこそ「合理的な~」だらけなんでしょう。

税務調査が始まれば、日本じゅうあちこちで仁義無き戦いが繰り広げられそうです。

でもそれが不謹慎ながら楽しみだったりする。いろんな事例や武勇伝があちこちで聞けることでしょう。

2006-08-23 16:40 │ from kimutax@「税金まにあ」URL

コメントありがとうございます

>>木村先生

みんなで投稿して調査対応事例集と
OKとNGの判断基準を
作りましょうね。

2006-08-23 17:28 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

↑上のやり取り大賛成!!

新しいブログが立ち上がりそうですね(笑)

2006-08-24 00:20 │ from 若手税理士URL

↑私も大賛成!!

ブログでこういうことが出来るんだぞ、若い税理士のお遊びじゃないんだぞって、そういうこころみをやりたいですね。

(^_^;)といいつつ、お遊びのブログもダイスキなんですけどね・・・

2006-08-24 11:45 │ from kimutax@「税金まにあ」URL

↑賛成。。。(汗)


さて、ここで一句。

サミットで 『コーチ』も『手ガネ』も 買わされる

↑これは、ちょっと賛成できませんね!!

2006-08-24 16:38 │ from DOOR5296URL

コメントありがとうございます

>>若手税理士さま

そのブログを税務署員に
見られたりしてe-263

2006-08-24 17:50 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>木村先生

あれっ?先生の
お遊びブログって
どこでしたっけ?

未だに探せてないですが。

2006-08-24 17:52 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>DOOR5296さん

>サミットで 『コーチ』も『手ガネ』も 買わされる

う~ん、こっちの方が
遙かに出来が良いでしょ。

あっちのは、まじめすぎ。
そんな人なの?

2006-08-24 17:53 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

社長の給与

>なんで赤字なのにわざわざ役員報酬を支払うのか?

社長の役員報酬を赤字でも支払わなければならない理由は、あったりします。
銀行に個人で借入をし自宅兼店舗を構えて、その資産を個人で所有している場合なんかは特にそうですね。

返せるだけの収入があるか、銀行は見張っている。だから下げられない。
会社は短期借入金として社長から借りてでも個人に給与を出さないといけないんです。

難しいですよね…。

あ、調査対象事例集ブログ、出来たら見たいです。
私は税理士ではないので、見るだけ、になりそうですが…。

2006-08-28 01:04 │ from 飛鳥URL Edit

コメントありがとうございます

>>飛鳥

前提条件が分かりませんのでなんとも
申し上げられませんが、そういうことも
あるのですね。

ただ、既に借り入れた個人名義の
借入金について、仮に役員報酬が
減額されたとしても、すぐに
銀行が約定以上の返済を求めて
来ることはないのでは?

あと、新規調達を考えるのであれば
確かに金融検査マニュアル上の
救済措置はありますが、法人で
赤字にする方が遙かに不利だと
思うのですけどね。e-263

細かいところは、お会いしたときにでも
是非議論しましょう。



2006-08-28 08:57 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

むかしは…

税理士ブログっぽかったんですね(;^_^A

2008-11-21 11:47 │ from kimutax@今、税務調査中URL

コメントありがとうございます

>>木村さん

税務調査、暇なのね。

だって、俺が税務ネタかいても
誰も反応しないよ。

2008-11-21 22:10 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/139-7c7a4195

自分の足を食べる

自己資本。起業は、自分の会社のために自分のお金を出資することから始まる。これから起こりえるリスクに対し、自らがそのリスクを持つ。 会社を作った最初の月の給料日。もちろん、売上金などない。自分が出資したお金の一部が、社員だけでなく、自分自身の役員報酬として

2006-11-18 08:27 │ from HottaWorld::「活・喝・勝」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。