ビジネス書を読む際に一番最初に読むところ - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » ビジネス書を読む際に一番最初に読むところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス書を読む際に一番最初に読むところ

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編>


メーデーの参加者

連合発表:100,000人
警視庁発表:25,000人

なんで同じ日のメーデーの参加者が
こんなに違った数値で発表されるのでしょうか。

これは発表する側が有利になるような
バイアス(偏向)がかかっている
からです。

つまり、統計や発表されたデータと
いうものは、そもそも発表した
側の何らかの意図が働いている
と思って見る必要があると言うことです。


ある事実に反対する
メディアがアンケートを行った
とします。

実際には65%の人が賛成していたとしても
「全体の1/3もの人が実施に懸念を
示した」などと書くことも出来るわけです。

よく見るでしょ。こういう新聞社。

さて、本題はここからです。


みなさんは、ビジネス書を読むときどこから読みますか?

速読術の本によると「タイトル、カバーの言葉、
はじめに、目次などを
最初に読んで全体像をつかめ」
と書いてありますよね。

もちろん、私もそのようにしてから
本を読むようにしています。

でも、それ以上に最初に読むところがあります。

それは著者のプロフィールです。

はっきり言って本、特にビジネス書は何らかの
利益を期待して著者はその本を
書いているといってよいでしょう。

つまり、読者が著者のビジネスに有利になるような
何らかの感情を抱き、行動をしてもらうことを
意図して書かれているのです。

もちろん、読者に価格以上の情報を
提供しようとは努力するのは大前提ですが、
この点を意識していないビジネス書など、
むしろ出しても余り意味がないと言えるでしょう。

ですから、この本は「どんなバックグラウンドを
もっている人が読者にどんな感情を持ってもらおうと
書いているのか」
を最初に読みとった上で
その本を読まないと、正しい情報の習得ができないはずなのです。

とえらそうなことを言っていますが、
実は、日下公人氏の言っていることのパクリなんですけどね。

最新の人気blogランキングへ



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

勉強になります…

初めまして、サミット参加の飛鳥と申します。
なるほど、記事にしてもなんにしても、書いた人の何らかの思惑が隠れている、という事ですね。
……騙され易いからな、私って…(笑)
疑いかけて日々暮らすという事にあんまり慣れて無かったら、仕事上駄目だと思うんですけどね…。

来月は、お手を柔らかに宜しくお願いします。
また寄らしてもらいます。

2006-08-16 16:24 │ from 飛鳥URL Edit

コメントありがとうございます

>>飛鳥さん

私の本は、ピュアな心で
読んでくださいね。e-263

では、9/9はよろしくお願いいたします。

2006-08-16 17:26 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

記事と関係なくてスミマセン。
今週末のセミナーで先生の「はじめての独立・起業なるほど成功ガイド」からお知恵を拝借しました。
先生の本分かりやすくて・・・。

2006-08-16 23:25 │ from 中川隆政URL

なるほど!ということは、吉澤さんには私のブログ記事の根底に流れる私の思惑もお見通しなのですね?!

まぁ、マスコミなどは鵜呑みにしないようにしないとこわいですね。亀田報道など見て特にそう思いました。

税務通信もしかりです。

2006-08-17 08:54 │ from kimutax@「税金まにあ」URL

コメントありがとうございます

>>中川先生

どこを使ったんですか?

今度教えてください。

私も使いますから(^^)

2006-08-17 09:17 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>木村先生

メディアは怖いですね。

散々持ち上げておいて、
「ここではしごをはずせば
一番部数が稼げる」という
と言うところまで待ってから、
一気にバッシングですからね。

要するに、コンテンツとして
しか見ていないと言うことなのでしょう。

野村サチヨ、ホリエモン、村上氏、
誘拐された整形外科医、
そして亀田と全く同じ構図
ですからね。

まあ、私には全く関係ないですけど。
先生はご用心を。e-263

2006-08-17 09:22 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

僕はテレビ番組見るときはついついスポンサー見ちゃいます。
で、なるほど…と。

テレビでコメントするときはかなり制約があるそうですね。
近々、先生がテレビに出た時にまた教えてくださいね!!!

2006-08-17 18:05 │ from 徳留新人URL

ついに出版コンサルまでできちゃうんじゃないですか!?
実際、本の売れ行きは「タイトル」と「著者」で9割決まってしまいますもんね。
出版も大変ですが、売るのはもっと大変です。。。

2006-08-17 18:06 │ from 若手税理士URL

コメントありがとうございます

>>徳留さん

テレビになんて出るわけないっしょ。

そりゃ、スポンサーの不利になるような
放送は出来ないでしょうね。

自然と放送にはバイアスが
かかっちゃうわけで。

2006-08-17 19:13 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>若手税理士さま

そうなんですよね。書くのも大変
だけど、売るのは本当に大変ですよね。

9/9にじっくりその当たりを
語り合いましょう。

2006-08-17 19:14 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

吉澤さん、こんばんは。

「プロフを見る」というのは、土井さんが書店で本を選ぶ時の手としても教えてもらいました。

プロフを見て、目次のどの部分がキモかを探り、そこ見てダメだったらその本はパスするとか。

アマゾンアタックばかりかけていると、書店で確認できないですけどね(笑)。

2006-08-17 21:40 │ from smooth@マインドマップで読書感URL Edit

あれ?いつのまにか「全米が泣いた!」んですね。

吉澤さんはブッシュよりははるかにアタマがよさそうですからねぇ。全米進出・全米制覇もカンタンそうです。

2006-08-17 21:49 │ from kimutax@「税金まにあ」URL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

世の中の本がすべて「自分にとって」
読む価値があるとは限らないですからね。

先ず読む価値のある本であるか
を見極めるのが、限られた時間
を有効活用する第一歩なのでしょう。


私もリアル書店は大好きですよ。

大きめの書店なら、全然問題なく
1日滞在出来ます。

椅子を用意する書店は
多いですが、次は
仮眠施設でも用意して欲しいですね。(^^)

2006-08-18 09:04 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>木村先生

アメリカ進出はしませんが、
実は、私の本はアメリカの
紀伊国屋でも売られているんですよ。(^^;

2006-08-18 09:06 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/133-364582c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。