身につまされること多数 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 身につまされること多数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身につまされること多数

D・カーネギーの著書

数回の改訂を経ながら現代にも十分活用できる「ヒューマンリレーションズ」の古典ともいうべき書。

「人を動かす」という意味は、人を意のままに操るという催眠的な話術のことではない。良い人間関係を構築するためには、自らがどのようにコミュニケーションをとるべきかというということ。

章としては、人を動かす三原則、人に好かれる六原則、人を説得する十二原則、人を変える九原則、そして幸福な家庭を作る七原則。

具体的には、「笑顔を忘れない」「誤りを指摘しない」「おだやかに話す」「聞き手にまわる」など当たり前のようで、自分自身を振り返ると意外にできていないことが多く、読むたびに身につまされることが多数ある。

その中でも特に私が強く心に残っているのは、「たとえあなたが苺ミルクが大好きだとしても、魚を釣るときにはあなたが嫌いでも魚の好きなミミズをえさにつけるはずだ」という話。

無理やり魚に苺ミルクを食べさせようとしがちな私には、耳の痛いものだが、そんなときにはいつも「人の立場に身を置く」ことの大切さを思い出させてくれる良書です。★★★★★。

人を動かす 新装版
4422100513デール カーネギー Dale Carnegie

創元社 1999-10
売り上げランキング : 136

おすすめ平均 star
star秘密にしておきたい本。
starためになる!!
star当たり前のことを認識させてくれる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最新の人気blogランキングへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/13-74b5a503

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。