幸福を呼ぶペンダントは誰が買うのか? - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 幸福を呼ぶペンダントは誰が買うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福を呼ぶペンダントは誰が買うのか?

「このパワース○ーンを身につけただけで、
ホームレスだった私が億万長者に」みたいな
よくわからない広告が写真週刊誌などには
毎週のように載っていますよね。

「アメリカのDr.○○も大絶賛!」って
「そんな博士本当にいるのかよ!!」と
突っ込みたくなるような

「あれって一体誰が買うんだろう」と
思ったことありませんか?


一部報道があったように、完全な
やらせでそんな効果がないことは
明らかにもなっているのにです。

いやいや、そんな報道がなくたって
インチキだって言うことは
誰だってわかると思うのですが・・・
あの広告費だって相当な金額になるはずですよ。
シャレやギャグで出し続けることは
出来ないはずです。

当然広告費をペイするだけの
売上があるわけですよね。


私は、実際に購入したわけではないので
あくまでも噂ですが、実はさすがに
1回目の購入ではなかなか広告費は
ペイしないそうです。

ですが、一度そのような商品を
購入した人は「騙された!」と
文句を言いながらも「今度こそは」
と次々類似の商品を購入する
らしいのです。


要するに、まともに努力をする
のではなく、楽をして儲けようと
常に思っているわけですね。

そうなると、そういう人の
データを一度収集すれば、
後は会社名を変えてそういう人に
次々にDMを送れば・・・・

「ハハハ、バカな人たちだなあ」と
私は笑っていました。

でも、よく考えると私も似たようなことを
しているような。

と言うのも、「夢のドライバー」
だの「いままでにない飛び」などと
うたわれたドライバーを買い換え続けて
いるわけですよ。

あの広告を見たって、昨シーズンは
「いままでにない飛び」と言っていた
クラブが、今シーズンになると
「その飛ばなかった今までのドライバー」
として比較対象物にされているわけです。

毎年毎年、「従来のドライバーより
10ヤードアップ」なんて書いてあるわけで
本当なら、私の飛距離は今頃
350ヤードくらいになっているはず何ですけどね。

会社経営も同じじゃないかと。

書店に行けば、「魔法」だ「奇跡」だ「非常識」
だと「今までのモノは古い!これからはこれ!」
と帯に刺激的に書かれた本が並んでいます。

ネットでも「ラクラクガッツリ」だのと
何の努力もなく、誰でもがすぐに儲かるかのように
あおられている情報商材をよく見ます。

それが、全く効果がないと言っているのではありませんよ。
そうではなく、それらは「魔法」などではなく、
相当量の努力を繰り返し行うことでやっと
効果が出始めるものだと言うことです。


ゴルフのスコアを良くしたければ、
ドライバーを買い換える前に、
素振りやアプローチの練習をした方が
遙かに効果的でしょう。

あるいは、どんなに良いドライバーも
それを使いこなすだけの練習量は
必要になるはずです。

すぐに儲かる「魔法」を追い求めている
だけでは、「パワース○ーン」を買い続ける人と同じではないかということですよね。


PS.好きで幸せを呼ぶペンダントを購入している人を
批判するつもりはありません。そういう人は、次から次へと
買い換えることなどしないでしょうし。


最新の人気blogランキングへ


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

はじめまして。
ブロガーサミットの幹事の一人であるDOOR5296と申します。

8/31日に発売される吉澤先生の本を読まれた方は本当に幸せになります。


なお、今サミットに参加表明されますと、若手税理士先生共著『経営コーチ』をプレゼントいたします。

いりませんか?(^_^;)


では、若手税理士先生のサインをつけても。

いりませんか?(^_^;)


参加表明していただけることを切に願っております。

2006-07-24 16:34 │ from DOOR5296URL

コメントありがとうございます

>>DOOR5296さん

わざわざお誘い頂きまして
ありがとうございます。

前向きに検討中なので
もう少しだけお時間を下さい。

2006-07-24 19:12 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

クラフトマンシップと申します。

私は、昨年度社労士試験に合格し、今年10月には大阪で社労士事務所を開こうとただいま準備中です!

他士業の先生との関わりを多く持つことで、知識と人間としての幅を広げていきたいと思っています。

現在、社労士としてのHPやブログは持っていませんが、別のブログは運営しています。

差し支えなければ、相互リンクしていただければ幸いです。ご承認いただけるなら、お手数ですがご返信願えますでしょうか。

2006-07-24 19:30 │ from クラフトマンシップURL

コメントありがとうございます

>>クラフトマンシップさま

早速リンク設定させて頂きました。
今後ともよろしくお願い致します。

2006-07-24 20:33 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

 吉澤先生、こんばんは。

 パワー●トーンやネックレス、本当によく見ます(笑)

 先生の仰るとおり、「楽して儲かる」ということはまず無いんでしょうね。

 結果としてそういう状態になっていても、それはかなりの量のトライ&エラーを繰り返した成果なんですよね。

 ただ、僕も目の前のことが上手くいかないと、すぐに次のパワー●トーンを探す傾向があります。

 気を付けなければ・・・。

2006-07-24 21:33 │ from 花田 好久(行政書士エンタテイ・><br><label for=URL

思い当たるフシが

こんにちは!
私も、経理本については、相当数読破しているので、今頃、相当の知識がたまっているハズなんですが・・・(笑)。
他人の振りみて、我が振り直せ、といわれますが、さすが冷静に、ご自身の振返りをさてれいて、素晴らしいです。

2006-07-25 08:26 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございます

>>花田先生

自分が知らないことだと
特に「魔法」があるかのように
誤解してしまいますよね。

しかし、ああいう
広告を掲載する雑誌の広告掲載基準って
どうなのよとは思いますけどね。

2006-07-25 08:34 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます。

>>ニタさん

実は、この話が
今度の本のあとがきだったんです。

大幅カットになりましたけど(T T)

2006-07-25 08:37 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

吉澤さん、こんにちは。

なるほど、面白いあとがきですね(笑)。
あとがきも、書店で本の購入を決断する時の大事な要素ですし。

私の場合、「タイトル、プロフ、まえがき、あとがき、目次」を読めば大体決まります。
・・・ってそれと関係ないアマゾンで買いまくってますね(汗)。

今日ウチでご紹介した本は、著者さんには結構有効かもしれません(笑)。
中古で4000円も出すべきだとは思いませんが(汗)。

2006-07-25 17:05 │ from smooth@マインドマップで読書感URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

こんばんは!
いつもいつも、貴重なアドバイス
ありがとうございます。

思い入れがあろうとなんだろうと
「いらない」と判定されたら
即カット。e-263

それが商業出版のつらいところです。

2006-07-25 17:36 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/126-1db94c03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。