ボツ原稿に愛を込めて(≧▽≦)その4-リスケジュールは安易にするな! - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法 » ボツ原稿に愛を込めて(≧▽≦)その4-リスケジュールは安易にするな!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボツ原稿に愛を込めて(≧▽≦)その4-リスケジュールは安易にするな!




「リスケジュール」ということばをご存じでしょうか。

Re(再び)schedule(計画する)という意味なのですが、
要するに当初の支払方法を変更し、
毎月の支払額を減額してもらうことを
銀行に要請することです。


「え?そんなことが出来るのか」

そうですね。

融資の内容にもよりますが
認められる確率は高いと言えます。

と言うのも担保や保証人がない場合、
銀行も取れないものは
取れないということです。

だったら少しでも
もらっておいた方がよいだろうということです。

この「リスケジュールこそ倒産回避の奥の手」
のように書かれた本をみることがあります。

別にその本に書かれたことにウソはないでしょう。

しかし残念ながら過度な期待は
しない方がよいでしょうね。


あくまでもそういう事例も
あったということということです。

一度約束をしたものを簡単に
変えてそれですむならこんなに
良い方法はありません。

しかし、現実はそんなに甘いものではありません。

なぜなら、リスケジュール申請と言うことは、
銀行サイドから見れば事故を起こした先
というレッテルを貼ると言うことです。

よく考えて下さい。

約束を破った人に、
次にまたお金を貸すでしょうか。

普通は貸さないでしょう。

銀行や信用保証協会も全く同じです。

現実に、銀行がその会社を格付けする場合、
自己査定上は「要管理先」という区分になり、
新規融資にはまず応じてくれないのです。


ですから、どこからも融資を受けられないので、
後はどうやって少ない収入で
何とか収支バランスをとったらよいかを
考えるかと言う段階であれば、
このリスケジュールもやむを得ません。

しかし、まだ余裕があるのに
「借入金の支払いが減れば資金繰りが楽になる。
だったらリスケジュールをしよう」
なんて言うノリでの申請は絶対にやめて下さい。

銀行で10年以上融資を担当している
友人に聞いたところでは、
仮にリスケジュールが認められたとしても
「実際には、その状態から正常先へと
復帰した中小企業の例はない。」そうです。

つまりリスケジュールという行為は
「倒産までの延命措置」という認識しか銀行にはないと言うことです。


残念ながらすべての金融機関が
新規融資に応じない状況で、
法的整理なしにその中小会社が
存続出来るのは奇跡的なことと
いわざるを得ません。

ですから、リスケジュールをした時点で、
「法的整理」を視野に入れ、
出来るだけ再起をしやすくする方法を
考えるしかないと言うのが私の結論です。





ああ、ちなみにこの記事も
8月31日発売の
「起業家のための手ガネ経営で勝ち残る法」
ボツ原稿です。(T T)


最新の人気blogランキングへ
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

かなり厳しい意見ですね。
でもリスケは経営者の覚悟と、その後の復活するという根性が大いに必要です。
私が企業再生のお手伝いをして見事にシャンと復活した会社の経営者は、やっぱり根性が違います。

2006-08-21 21:48 │ from 若手税理士URL

コメントありがとうございます

>>若手税理士様

私の先でも、残念ながら
1件もリスケを出してから
正常先に戻ったところは
ありません。

早めにタオルを投げて
上げることで、再起を
図りやすくさせてあげることも
顧問税理士の使命なのかと
私は理解しています。

事実、そのことを
感謝してくれたのか
復活したあとで
またうちの顧問先に
なってくれたりしていますからね。



2006-08-21 21:57 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

吉澤さん、こんばんは。

幸いにも、ウチの顧問先ではリスケはまだないです。

今後はどうなるかわかりませんが・・・。

ところで池本さんの本、実は個人的には1冊目は
かなり「ハズレ」と思ってたんですよ。
あまりにも凡庸かな、と。
だから記事にすらしてませんし(笑)。

「単に「ドクターシーラボ」がいいだけジャン!
それで『年商3億円を120億円に変える』とか言うなー!」って(笑)。

だもんで今回の本も、鮒谷さんがメルマガで激賞していてもスルーしてたんですが(笑)、身内で二人ほど(一人はニタさん)いい感想を書かれてたので、私も買った次第です。

いい意味でえげつなかったですネ。

2006-08-21 23:42 │ from smooth@マインドマップで読書感想文URL Edit

えっとですね・・・
以前から、全米が泣いてましたでしょうか??

2006-08-22 08:58 │ from DOOR5296URL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

こんばんは!

極めて実践的で、はじめて
通販を行う人からある程度の
知識のある方まですぐに
使える良書ですよね。

「自ら需要を作り出す新商品は
狙わない」
「需要のある分野でニッチを狙う」
と言う考え方は、我々でも
十分活用出来そうです。

良書をご紹介頂いてありがとうございます。

2006-08-22 20:16 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>DOOR5296さん


>以前から、全米が泣いてましたでしょうか??

数日前にね。(^^)
飽きたら「世界中が泣いた!」になると思います。

2006-08-22 20:18 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

吉澤さん、こんばんは。

船井総研のコンサル受けるような事務所だったんですか(汗)。

実は明日の記事に登場する、今日会食した女性の会社に船井総研さんの某有名コンサルさん(笑)が入っているらしいのですが、とんでもなくすっ飛んだカッコウしていて、あまり評判良くないそうです。

誰とは言えませんが(汗)。

2006-08-22 22:23 │ from smooth@マインドマップで読書感想文URL Edit

緊急企画です!!
税務会計系ブロガーサミットを盛り上げるためには、皆様のお力がぜひ必要です!!

ブログの特性って何ですか?

詳細等は当方のブログをご覧下さい。

世界中を泣かせる前に・・・
サミットのみんなを泣かせてください。

2006-08-23 08:54 │ from 第2回税務会計系ブロガーサミットURL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

おはようございます。

船井がらみはここでは書きにくいので
メールで書かせて頂きます。e-263

2006-08-23 09:48 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>木村先生

まずは見本をお願いします。

また一番最初に手を挙げて
スルーってのもいやですからね。e-263

2006-08-23 09:50 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/124-1e279619

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。