答えはいつも「得意です!」 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 単なる独り言 » 答えはいつも「得意です!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えはいつも「得意です!」

武田薬品やSONY
がどうも外国にある
関連会社との取引価格について
国税局ともめているようですね。

要するに、関連会社への
販売価格を不当に安くすることで
本来であれば、日本国内に
発生するはずだった利益を
海外に絞り出したのが
気に入らないと言うのが税務署の
主張のようですね。

これは、利益を税率の安い国に
あたかも牛の乳を絞り出すかのように
移転させるので
「ミルキング」と呼ばれます。

その販売価格が不当で、グローバルな視点での
グループ全体の税負担を軽減することを
目的としていると認定されると、
「通常価格」での取引が行われたものとして
税額計算をし直されてしまいます。

これを「移転価格税制」と呼ぶのです。

この販売価格が不当かどうかというのは
現実には、ものすごい見解の分かれるところです。

そのため武田薬品やSONYも不服申し立てをしているのでしょう。

さて、今回申し上げたいのはここからです。

これは、まだ私が勤務税理士の頃。

外資系企業の日本法人との顧問契約
獲得を目指して上司と営業に行ったときのことです。

相手側の「移転価格税制について
対応出来るか」という質問に対し、
当時の私の上司は、自信満々に
「もちろんです。得意分野ですから」と
答えていたのです。

「ああ、そこまで言うのなら、きっと
この人が担当するんだろうな」と
自分はよくわからないけど、今日は単なる
鞄持ちなのだろうと余裕で話を聞いていたのです。

めでたく商談も成立。顧問契約を受託したのですが、
オフィスを出た瞬間、上司からは予想外の
発言が!

「ああ、吉澤君。移転価格税制の
本で良いものがあったら買ってきてよ」


「はあ?」

(ええ?得意だったんじゃないの?
ひょっとして今から勉強かよ!)

驚く私に、さらに恐ろしい一言が。

「じゃ、あとは頼んだからね」

「はあ?」

(ええ??あんたが担当じゃないのかよ。
俺がやるの???)

そんな状態で、よくもまあ、仕事をぶん投げてくれた
と当時は恨みもしたのですが、結果的にはこの他にも
数多くの特殊案件を扱う機会を与えてくれたので、
私がお世話になった事務所には感謝しています。

そうなんですよ。

「やったことない」と答えていては何時までも
「やったことないままなんです」


もちろん、「あなたが
はじめてです。でもがんばります。」
なんて言われてもお客さんは
不安になるだけなんです。

そんなとき、私だったら
「得意です!」とはっきり言いきります。

そして、きちんと結果を出して見せます。!

ちょっと、「あ、あ~、あれですか。」
なんて目がうつろで話しているときも
それ以上突っ込むことなく、依頼して
見てください。

きっと満足のいく結果をお届けしますから。


最新の人気blogランキングへ
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

私も先日ある社長(30年超で欠損なし)に
創業時の数々のハッタリの話をきかされて、
「仕事をするにはこれくらいは・・・」
と言われナットクしたところでした。

移転価格税制は細かなことは、、、
も、もちろん得意分野!!!
なんですけど(^_^;)
武田薬品等が「不服」に至るまでには、
立法~解釈、税法の今日的な問題がたくさん含まれているようですね。

2006-07-14 15:12 │ from YOKAROURL

リンク

こんにちは。初めてお邪魔します。

私は、税理士業界の求人事情についてブログを書いています。

まだまだ税理士業界について知らないことも多く、

吉澤さんのブログで、いろいろ勉強させていただければと思っています。

もしよろしければ、リンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか。

メールアドレスが分からなかったため、コメント欄にて失礼しました。

どうぞよろしくお願いします。

2006-07-14 15:36 │ from 米森URL

コメントありがとうございます

>>YOKAROさん

ハッタリじゃなくて
自信のある決意表明と
いうことで (^^;

どんなエキスパートも
はじめてのときは
あるわけですからね。

そう思うと、特殊案件に
出来るだけ接触出来るよう
ネットワークを組んでおくことは
大切と言うことでしょう。


2006-07-14 16:14 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>米森さん

早速リンク設定させて頂きました。

こちらこそよろしくお願い致します。

2006-07-14 16:15 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

さっそくのお返事ありがとうございます!
そしてリンクまでいただき感謝しております。
業界の求人現場の声をしっかりお伝えできるようにがんばりますので、今度ともどうぞよろしくお願いいたします。

2006-07-14 16:24 │ from 米森URL Edit

吉澤さん、こんばんは!

うーん、思いっきり本業関係のお話なので、コメントは差し控えさせて頂きます(笑)。

>依頼して見てください。

の後に 「e-263」があるのが、一抹のフアンだったり(笑)。

2006-07-14 20:15 │ from smooth@マインドマップで読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>米森さん


こちらこそ、よろしくお願いします。

米森さんのブログも大いに
参考にさせて頂きます。

2006-07-14 20:21 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

いや、絶対大丈夫ですよ!

大丈夫でしょう。

たぶん大丈夫です。(^^;

2006-07-14 20:23 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

 吉澤先生、こんばんは。

 確かに、いつまでも「やったことないから・・・」では始まりませんよね。

 僕は経験の無い仕事でも、やったことがあるような顔をして受注してます(笑)

 もっとも、それが出来るようになったのは、行政書士の先輩はもちろん、税理士さんや社労士さんなどの「横のつながり」が出来てきたからですね。

 

2006-07-14 21:20 │ from 花田 好久(行政書士エンタテイ・><br><label for=URL

コメントありがとうございます

>>花田先生

相当数の特殊案件を
やってきたつもりですけど、
「できなかった」と言うことは
まずないですからね。

「個人事務所ではまず対応は無理」と
言われた連結納税も、当時は
ソフトウエアもないので、ソフトから
作って対応しましたし。

ネットワークがあれば誰か
得意な人間に当たりますし。

ああ、ただはじめての案件は
ほとんど儲かりません。
インフラ投資みたいなものです。

2006-07-15 09:09 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

>言われた連結納税も、当時は
>ソフトウエアもないので、ソフトから
>作って対応しましたし。

さすがですね(汗)。
私なんて、「異動届出書」をエクセルで作るのがせいぜいですよ(涙)。

最近なぜかまた引き合いがあるんですが(笑)。

2006-07-16 02:05 │ from smooth@マインドマップで読書感URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

異動届出書をエクセルで作るのですか?
ワードでなくてエクセルで作るとは
データを管理する必要のある
位多くの顧問先をお抱えのようで。

私の場合、普通の文書でも
ワードだとイマイチうまくいかないので
セルを細かくしてエクセルで
作る場合が多いのですけどね。(^^;

2006-07-17 10:03 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/114-157862fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。