なぜ、銀行は無担保で金を貸すのか? - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » なぜ、銀行は無担保で金を貸すのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、銀行は無担保で金を貸すのか?

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編>

最近は、大手都市銀行を中心に中小企業者に対しても、「ビジネスローン」を積極的に進めてきています。

このビジネスローンはスコアリングという手法でその会社の格付けを行い、貸し出し金利や融資可能額を算出する無担保で第三者保証の必要としない融資のことです。

従来は、担保のない会社には貸さないと言われた銀行が、いよいよ自らがリスクをとって、会社の将来性や事業計画をベースに金を貸す時代になったのでしょうか?

結論は、そんなことはないでしょう。だって・・・
まずは、金利についてですが、決算書の内容によって、同程度の財務内容の会社の倒産確率を算出します。その上でその程度の貸倒率であれば倒産されても元は取れると言う金利を算出しています。

要するに、サラ金と同じ手法ですね。

それと、さらに、万一貸出先が倒産したとしましょう。しかし、その債権がそのまま銀行のロスになるわけではないのです。

というのもビジネスローンには、裏で保証会社の保証が付いている場合が多いからです。

例えば、オリックスとかあいおい損保とか・・・

だったら、銀行はノーリスクなんだから、ドンドン貸せばいいじゃないか!

さすがにそうはいきません。保証会社もただで保証などしてくれるわけはないでしょう。

当然のことながら、保証料を徴求しています。そして、その保証料は前年度の貸倒実績によって、増減するのです。

要するに、事故を起こすと来年度の保険料の上がる自動車保険と同じ仕組みと言うことですね。

ビジネスローンは、担保力の乏しい中小企業にとっては非常に便利な融資です。ただ、銀行が会社の将来性や事業計画をもとに貸し出しを決めるようになったということだけはなさそうですね。

最新の人気blogランキングへ


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

最近は「借りてくれ、借りてくれ」とよくお声が
かかるようです。お客様のところにですv-40

銀行っ!あんまりそそのかさないでと内心では思っています。(こんな事書いたら怒られるかな?)v-16

2006-06-23 10:34 │ from ママさん税理士URL

コメントありがとうございます。

>>ママさん税理士様

今は、借入をするには楽な時期ですよね。

ただ、3年前は、金融危機で貸し剥がし
が行われていましたからね。

いつ、また金融引き締め期に突中する
かも知れません。

きちんとした、融資に関する知識が
生き残りの命綱になるはずです。

2006-06-23 17:33 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

なるほど

何かの本で、銀行は貸せるかどうかだけ見ているので、返せるかどうかは自分でよく考えなければいけないとありました。
仕組みは、良く分かりました。自己責任のための、判断能力がこれからは大切ですね。

2006-06-24 11:35 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございます。

>>ニタさん

教科書的に言えば、タイムリーな資金調達が重要ってことになるのでしょうが、現実には、銀行の姿勢変更の影響を強く受けてしまいます。
ある程度は、無駄だと思っても預金と借入の両建てをしておくことをあえて私はオススメしていますがね。

もちろん、ジャブジャブ借りてガンガン使えって意味じゃないですよ。

2006-06-24 11:56 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/109-2fc3cfcd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。