不動産は法人・個人どちらで購入すべきか - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 不動産は法人・個人どちらで購入すべきか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産は法人・個人どちらで購入すべきか

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編>


オーナーが不動産を購入するとき
「法人と個人どちらで購入した方がよいのか?」という
質問を頂きます。

当然答えはケースバイケースなのですが、
私は、下記の判断基準に照らして判断して下さいと
申し上げています。
(1)資金調達はどちらがしやすいか

事業用不動産の場合、法人購入でも、
個人で購入し法人に賃貸しても問題なし。

最近は、賃貸用不動産ならば
法人・個人問わず銀行は「バンバン貸します」状態

(2)資金調達期間はどちらが長いか

店舗兼住宅等の場合、全体に住宅ローンが
適用される場合があり、
個人の方が長期間での調達が可能な傾向大

(3)財務体質への影響は

公共事業入札時の経営事項審査では、
個人で購入し法人に賃貸した方が、
借入金がオフバランスになり有利な場合もある。


(4)賃貸料の課税は

個人は累進課税、法人は二段階課税のため、
全体の所得をみて判定。
ただし、法人の場合、役員間での所得分散等調整の余地大。

(5)事業承継上どちらが有利か

明確な後継者がいる場合、法人で購入するほうが良い場合多し。
そうでない場合、事業用不動産でも個人で購入し
法人に賃貸しておくことも検討。

なお、相続税の評価上は、法人で購入するよりも
直接オーナーが購入した方が引き下げ効果が大きい場合多し。

(6)譲渡損益への課税は

法人の場合、譲渡益が出ても譲渡損が出ても経常所得と合算・相殺。
ただし、利益が出ても役員報酬等での調整の余地あり。
個人の場合、譲渡所得が出た場合、20%課税。
譲渡損失発生の場合他の所得との通算不可のため、
リスクは法人の方が低い


まあ、いきなり損失が出ることを想定して
不動産を購入する人はいないでしょうけどね。

最新の人気blogランキングへ

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/100-a93448e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。